銅と亜鉛バランスによる着床障害

2018年07月3日

銅と亜鉛バランスと不妊、着床障害の関係

銅の摂りすぎは着床障害の要因の1つになります。

それはなぜか?

銅の殺菌作用を利用した子宮避妊具(IUD)があります。

札幌、不妊、妊活

その避妊率はアフターピルの効果を上回る、ほぼ100%避妊できるほど強力な物です。

銅、亜鉛は腸から吸収されますが、同じ経路で多い方が吸収されるため、銅が多いと亜鉛よりも吸収されてしまいます。

血清銅が多い状態だと、銅の強い殺菌作用で精子を殺してしまう、受精卵を流してしまう。

という反応が起きるため、着床障害を招く1つの要因となります。

2017年この銅、亜鉛バランスと着床に関しての研究論文が出されています。

https://bmcresnotes.biomedcentral.com/articles/10.1186/s13104-017-2708-4

グーグルchromeだと翻訳して見れます。

銅と亜鉛のバランスが大事

しかし、銅も体には必要な栄養です。

亜鉛とのバランスが大事で、日本人の8割は銅過剰、亜鉛不足の体質なようです。

ちなみに銅が多い食材は、

ココア、チョコレート、甲殻類、貝類

それぞれの摂取基準はこちら

札幌、不妊、銅

亜鉛>銅の状態を作ることで、銅よりも亜鉛を腸から吸収されるようにすることが大事です。

陽性反応が出ない方

・何年も陽性反応が出ていない

・1回も陽性反応が出たことがない

・体外受精で着床してくれない

という方はサプリなどで意識的に摂取すると良いです。

しかし、亜鉛サプリを飲んでいても上記のように中々着床しない方もいらっしゃるかと思います。

サプリで栄養摂取してるけど、体に反映されているか目に見えない物です。

札幌で栄養療法を取り入れている病院では、栄養解析で

自分の栄養状態がわかるので、1度ぜひとも調べてみて下さい。

 

札幌で栄養解析をやっているとこはこちら

・札幌麻酔クリニック

札幌市中央区大通西16丁目1番10号ITCセンタービル4階

地下鉄東西線西18丁目駅5番出口徒歩1分

栄養解析20000円

http://sapporomasui.com/nutrition/

 

・白石ガーデンプレイス皮膚科クリニック

札幌市白石区南郷通り1丁目南8番10号白石ガーデンプレイス3階

地下鉄東西線白石駅6番出口直結・駐車場完備

血液解析15000円

http://shiroishi-skin.jp/ortho/

 

・あんどう口腔クリニック

札幌市豊平区平岸2条2丁目3-28 ビッグ2階

診察料金について

栄養吸収を良くするためにも体環境の改善は必要

上記でお伝えした通り、栄養は腸で吸収されています。

腸は自律神経で調整されており、骨盤のゆがみなどで内臓にズレが生じると内臓機能は低下します。

せっかく摂取した栄養を効率良く、吸収するためにも体環境の改善は必要です。

栄養を吸収しやすい体を作るためにも、不妊整体では自律神経、お腹骨盤矯正をメインに調整しています。

 

 

 

 

 

足のむくみ解消は妊活成功のカギを握る

2018年04月6日

むくみと妊活について

当店では妊活で悩む女性が多くご来店されますが、足のむくみ解消が妊活成功のカギを握ります。

ご来店の約60%の方はむくみ持ちです。

むくみ解消で妊娠された1つのケースをご紹介致します。

むくみ解消で妊娠

こちらの写真の女性はデスクワークで寝るときに痛みが出るほど、ふくらはぎのむくみをお持ちの方でした。

ご来店のきっかけは、ネット検索で当店を見つけことがきっかけで、病院へ行ったけど風疹抗体ができるまで妊活は休みになるので、妊活に向けて体に良いことをしようと思っていた方で不妊+下半身整体で継続された例です。

ビフォーアフター写真を見ると、むくみが解消され細くなっている印象です。

札幌、不妊整体、脚痩せ美脚

札幌、不妊整体、脚痩せ美脚

むくみ以外にも

 

・デスクワークで猫背

・低体温(35℃台)で代謝が悪く、冷え性

・社会人になってから生理不順

・PMSで自分で抑えられないほどイライラが強くなる

などのお悩みがありましたが。

5回以降も継続した4ヶ月目頃には、猫背が良くなり、PMSのイライラが軽減して体質が変わっていきました。

それと同時に風疹抗体もできて、妊活を始めた1回目のタイミングで見事自然妊娠されました。

むくみと妊活

むくみとはこのような細胞循環の状態を言います。

むくみ

老廃物が溜まり出ていかない状態です。

これがふくらはぎに起きています。

下半身の循環は心臓の力ではなく、足の筋肉の伸び縮み(ポンプ作用)によって血液が循環しています。

=足が上手に使えないと下半身の循環は弱くなり→むくみに繋がります。

足が上手に使えない状態を作っているのが、骨盤が足のゆがみです。

むくみと妊活の関係は

①骨盤や足がゆがみ下半身が上手く使えない状態になる

②筋肉にポンプ作用の働きが弱くなる

③老廃物が出ていかず溜まる

④むくみ

⑤むくむと下半身の循環が弱くなる=骨盤内の循環も低下

⑥妊娠力低下に繋がります。

これは冷え性、下半身太りでお悩みのケースも同様です。

 

妊活にはビタンミンE

2018年03月22日

妊活にはビタミンE

不妊治療の通院で黄体ホルモンの薬や注射をしている方も多いかと思います。

hcgにより黄体ホルモンの分泌が促進され、高温期を維持して内膜を厚くして、着床を促し、妊娠を維持継続してくれる働きを持ちます。

別名『妊娠ホルモン

黄体ホルモンの原料が『ビタミンE』なのです。

ビタミンEの妊活・不妊の体質改善への効果は?

上記のように、黄体ホルモンの原料となりますが、

さらに、年齢と共に老化する『卵子の質』を良くしてくれる働きもあります。

抗酸化作用』が強く、微細に細胞や遺伝子を攻撃する活性酸素、フリージカルによる細胞の老化を抗酸化作用で抑制してくれます!

これが『卵子の質』を良くすることに繋がる1つです。

ビタミンEを多く含む食べ物とは?

ビタミンEの1日摂取量の目安【成人男性6.5mg】【成人女性6.0mg

・ひまわり油:大さじ1杯にビタミンE4.6mg

・アーモンド:10粒14gにビタミンE4.1mg

・うなぎ:100gにビタミンE5mg

・西洋かぼちゃ:煮物1人分130gにビタミンE6.1mg

・赤ピーマン:150gにビタミンE5.8mg

アボカド:1個にビタミンE3.4mg

不妊の体質改善,ビタミンE

一番オススメの食べ物はアボカド!

アボカドにはビタミンE以外にも、亜鉛、鉄、葉酸、抗酸化作用のあるオイレン酸、ビタミンBなど、妊活にも必要な様々な栄養素が含まれているため食べ物の中では一番のオススメです。

ビタミンEが子宮卵巣へ行き届く体作りが大事

食べ物でいくら栄養を摂取しても、そこに行き届く血流循環が弱いともったいなくなってしまいます。

子宮卵巣・骨盤内の循環を良くするには、血管状況をコントロールしている脳神経とお腹の柔らかさと骨盤の安定が必要になってきます。

 

 

 

 


1 2