太ももの前が張って太い原因と改善

2019年02月8日

太ももの前が張って太い原因と改善

太ももの前が張って太い原因

ほぼ100%と言っていいほど、立ち姿が前のめりにっています。

キレイな立ち姿は、足首から一直線上に肩と耳があるのが良い立ち姿勢です。

前のめりになる原因は主に骨盤前傾と足のゆがみです。

骨盤と足は連動しているため、

骨盤前傾→足がゆがむ

足がゆがむ→骨盤前傾する

両方とも成り立ちます。

骨盤前傾が起きると、体の軸が前に傾くため立ち姿は前のめりに。

反り腰

すると、イラストのように太ももの前が張りやすい状態を作ります、そこから

太もも前側に負担がかかる

脳は前ももの筋肉を発達させる

太ももの前の筋肉が太くなる

しかし負担はかかり続ける→脳は。。。

 

の繰り返しで、筋肉が太くなって硬くなることが太ももの前が張って太い1つの要因です。

さらにやっかいなことに、骨盤前傾のゆがみがあることで、太ももの前側を上手に使えているわけではないので、脂肪もつきやすく脂肪燃焼しづらい部分になる。

=食事制限や運動だけしても自己流では痩せづらい部分なのです。

インスタやテレビのダイエット合宿番組など見るとわかりやすいのが、体重は痩せても太ももの前側の張ってる膨らみ具合が変わってないことが多いのは、原因が骨盤前傾と足のゆがみにあるためです。

太ももの前側が太いのを改善するには?

太ももの前の張りを改善

太ももの前の張りを改善にするには、

①骨盤前傾を改善する

②足のゆがみを改善する

③太もも痩せする歩き方意識する

④足の指を動かす

1つ④の歩き方で太もも前に負担がかからない歩き方をご紹介します。

すごく簡単です。

『膝で歩くのではなく股関節からめいいっぱい歩く』

だけで、太ももの前の張りの負担を軽減することができます。

ヒールを良く履く女性も歩くだけで太もも前に負担がかかりやすいのですが、

多くの女性は膝が伸び切る前に次の1歩を踏み出す歩き方が多く、この歩き方だと膝の曲げ運動だけになり、股関節や足首を上手く使わない歩き方になってしまいます。

膝を伸ばして歩くのを意識すると、歩幅が大きくなります。

 

イラストのように足の指が最後まで残っているのがポイント!

 

これが前へ1歩踏み出す大きな力になります。

足の指が最後まで残りきる前に1歩踏み出してる=股関節をしっかり使っていないことになります。

脚全体を上手に使った歩き方をすると、それだけ足の筋肉がバランス良く使われ太もも前側の張り部分の脂肪燃焼もアップします。

 

慣れてなくて上手に使えない方はカクカクした変な歩き方になってしまいますが、それだけ股関節と足首や指を上手に使えていなかった証拠です。練習あるのみ!

 

あくまでも1つの方法なので、根本からしっかり太ももの前側の太さを解消したい場合は整体も込みで続けれると効果倍増です。

さっそく太ももの前の張りを改善したい方はこちら

札幌,下半身,