銅、亜鉛バランスと不妊、着床障害の関係

2018年07月3日

銅と亜鉛バランスと不妊、着床障害の関係

銅の摂りすぎは着床障害の要因の1つになります。

それはなぜか?

銅の殺菌作用を利用した子宮避妊具(IUD)があります。

札幌、不妊、妊活

その避妊率はアフターピルの効果を上回る、ほぼ100%避妊できるほど強力な物です。

銅、亜鉛は腸から吸収されますが、同じ経路で多い方が吸収されるため、銅が多いと亜鉛よりも吸収されてしまいます。

血清銅が多い状態だと、銅の強い殺菌作用で精子を殺してしまう、受精卵を流してしまう。

という反応が起きるため、着床障害を招く1つの要因となります。

2017年この銅、亜鉛バランスと着床に関しての研究論文が出されています。

https://bmcresnotes.biomedcentral.com/articles/10.1186/s13104-017-2708-4

グーグルchromeだと翻訳して見れます。

銅と亜鉛のバランスが大事

しかし、銅も体には必要な栄養です。

亜鉛とのバランスが大事で、日本人の8割は銅過剰、亜鉛不足の体質なようです。

ちなみに銅が多い食材は、

ココア、チョコレート、甲殻類、貝類

それぞれの摂取基準はこちら

札幌、不妊、銅

亜鉛>銅の状態を作ることで、銅よりも亜鉛を腸から吸収されるようにすることが大事です。

陽性反応が出ない方

・何年も陽性反応が出ていない

・1回も陽性反応が出たことがない

・体外受精で着床してくれない

という方はサプリなどで意識的に摂取すると良いです。

しかし、亜鉛サプリを飲んでいても上記のように中々着床しない方もいらっしゃるかと思います。

サプリで栄養摂取してるけど、体に反映されているか目に見えない物です。

札幌で栄養療法を取り入れている病院では、栄養解析で

自分の栄養状態がわかるので、1度ぜひとも調べてみて下さい。

 

札幌で栄養解析をやっているとこはこちら

・札幌麻酔クリニック

札幌市中央区大通西16丁目1番10号ITCセンタービル4階

地下鉄東西線西18丁目駅5番出口徒歩1分

栄養解析20000円

http://sapporomasui.com/nutrition/

 

・白石ガーデンプレイス皮膚科クリニック

札幌市白石区南郷通り1丁目南8番10号白石ガーデンプレイス3階

地下鉄東西線白石駅6番出口直結・駐車場完備

血液解析15000円

http://shiroishi-skin.jp/ortho/

 

・あんどう口腔クリニック

札幌市豊平区平岸2条2丁目3-28 ビッグ2階

診察料金について

栄養吸収を良くするためにも体環境の改善は必要

上記でお伝えした通り、栄養は腸で吸収されています。

腸は自律神経で調整されており、骨盤のゆがみなどで内臓にズレが生じると内臓機能は低下します。

せっかく摂取した栄養を効率良く、吸収するためにも体環境の改善は必要です。

栄養を吸収しやすい体を作るためにも、不妊整体では自律神経、お腹骨盤矯正をメインに調整しています。

 

 

 

 

 

卵子の質を上げる方法

2018年06月11日

最近は不妊治療専門クリニックのホームページを見ても

『卵子の質』『精子の質』の問題が取り上げられています。

『卵子の質』について

質って何?

質=細胞の質になります。

卵胞は下図の構造

不妊治療、妊活

さらに細胞の構造を見ると

不妊治療、妊活

このようになっていて、それぞれが生命維持のための様々な働きを日々してくれています。

さらに卵子の細胞は

不妊治療、妊活

出典:妊サポ

この細胞1つ1つの質がいわゆる卵子の質ということになります。

卵子細胞を活性化させるためには

薬や注射では細胞活性化にはなりません。

栄養と血流です。

この2つを改善することで、体の細胞は活性化されます=卵子の質が良くなる。

正直、細胞の質は見ることができません。

ですが、事実としてアンチエイジングで肌がキレイになったり、ファスティングで痩せたり、胃腸の調子が良くなったりと体環境を良くすることで、様々な細胞が活性化してくれるわけです。

これは卵子の細胞も一緒なのです。

卵子への血流を良くするには

腹巻きやお風呂に浸かるなど表面的なアプローチではなく、体の内から変えていく必要があります。

詳しくは別記事で書きます。

あなたも体環境を変えることで卵子の質を上げませんか?

札幌、不妊整体

 

 

 

 

妊活・不妊症と冷え性・むくみの関係とは?

2018年06月10日

妊活中で『冷え性で足が冷たい、むくみを感じていませんか?』

当店にお越しの70%以上の方は、『冷え性』『むくみ』があります。

「私もだ!!」と当てはまる妊活中の方も多いのではないしょうか?

 

不妊症と冷え性・むくみの関係

まず、不妊の改善には骨盤内循環を良くする必要があります。

この骨盤内の循環は下半身と連動しており、下半身の循環が良くない=骨盤内の循環も良くない環境を作ってしまいます。

 

下半身の循環が良くない→『冷え性』『むくみ』に繋がります。

冷え性の本質とは?

冷え性になる原因は5つあります。

①循環不足

血流が不足しているため上手に代謝が行われない=熱エネルギーが発生しない。

②栄養不足

特に鉄が不足している状態=鉄が酸素を運んでくる量が少ない→酸素不足→熱エネルギーが発生しない。

③体温調整機能の乱れ

自律神経の働きの一つに体温調整機能があり、生命維持のために脳や内臓、心臓など生きるために必要なところを最優先に守ります。=末端の循環が低下

④代謝(運動・筋力)不足

細胞内で酸素がミトコンドリアに供給され熱エネルギーが発生します。=運動不足、筋力が弱いと酸素供給量が少なく、熱エネルギー発生も弱くなるため女性は特に冷え、むくみになりやすい。

⑤内臓機能低下

これは体温調整機能とも関係があり、内臓機能が低下している(便秘、下りやすいなど)状態だと、自律神経は生命維持のため、末端よりも内臓へ血流を送って体温を維持しようとして、手足の末端が冷えることに繋がります。

 

むくみの本質とは?

むくみになる原因は4つあります。

①循環不足

細胞内と外で上手く循環が起きず、老廃物が溜まる。

②栄養不足

カリウムとナトリウムのバランスが悪いと、細胞から水分が排出されず溜まる。

③代謝(運動・筋力)不足

下半身の循環が心臓に戻るためには、脚の筋肉の伸び縮みによるポンプ作用で血流が戻るため、運動不足や筋力が弱いとむくみやすい=骨盤や脚が捻じれて脚の筋肉がバランス良く使えないと下半身太りの原因にも。

④腎臓の機能低下

余分な物を排出する腎臓機能低下も体全体をむくみやすくします。

 

冷え性やむくみを根本的に改善するためには

『骨盤や脚の捻じれからくる循環不足の改善』

『栄養』

『ある程度の運動』

が必要なってきます。

 

当店では、冷え性・むくみがある方には、不妊整体+下半身スリム整体を受けていただいて、全身から骨盤内血流を良くするようにしています。

もちろん、栄養面や自宅でのケアの方法もお伝えしております。

あなたも『冷え性』『むくみ』も解消して、不妊体質を妊娠しやすい体へ変えていきませんか?

これからの妊活に、必ず母体となるあなたの体の力が必要です。

札幌、不妊整体

 

 

 

 

 

冷え性と不妊改善に鉄が必要な理由

2018年04月14日

鉄不足と冷え性、不妊の深い関係

妊活者に多い冷え性、不妊は全て『鉄不足』で密接に繋がっています。

人間の細胞のミドコンドリアからATPという形で必要な熱エネルギーが作られます。

それが鉄と重要な関わりを持っていますので、見ていきましょう。

鉄不足→エネルギー産生低下→冷え性という流れ

鉄の主な役割は『酸素の運搬』があり、鉄はミドコンドリアでのATP(熱エネルギー産生)において、重要な役割を担います。

酸素がないと、火(熱エネルギー)は起こせない原理と一緒です。

ATP(熱エネルギー)は生命維持に必要で、その優先順位として、

脳、心臓、内臓機能を最優先とします。

その結果、手足などの末端は不足しがちになり、末端冷え性にも繋がります。

子宮卵巣、精巣に関してもあくまで生殖機能であり、自分の命を維持することに体は優先して働きます。

鉄(=酸素)が不足→熱エネルギーが発生しない→体のエンジンがかからない→冷え性

という流れに。

鉄不足は不妊症の原因の1つ

原因不明の不妊症の方も多いですが。

栄養素の不足は原因の1つになります。

今回はそのうちの『鉄』をメインテーマにしてお届けしていますが、この鉄が不足していることにより細胞の代謝循環が低下=骨盤内循環低下→体外受精で卵子の質がよくない、胚盤胞まで育たない、着床後の育ちが良くない

など、子宮卵巣機能の低下に繋がります。

女性が鉄不足になる理由と症状

 

《女性が鉄不足になる理由》

①月経による出血

②食生活(鉄不足で炭水化物、甘い物好き)

③胃潰瘍などの出血

《鉄不足で起こる症状》

①めまい、肩こり、頭痛

②胃腸などの粘膜トラブル

③イライラ

④食欲不振

⑤爪が薄くなる

⑥氷が妙に食べたくなる(氷食症)

鉄分が多い食材

成人女性の推奨摂取量

月経なし6.0mg 月経10.5mg 月経過多16.0mg

妊娠期 19mg

魚や肉のヘム鉄は吸収率が10~20%

野菜の非ヘム鉄は吸収率が1~5%

※以下100gに対する鉄の含有量

肉・魚系

・豚レバー:13mg

・牛レバー:4mg

・アサリ:3.8mg

・ホタテ:2.2mg

・カキ:1.9mg

野菜・豆・海藻類

・ヒジキ:55mg

・きくらげ:35.2mg

・焼きのり:11.4mg

・ごま:9.6mg

・大豆(乾):9.4mg

・アーモンド:4.7mg

・納豆:3.3mg

・枝豆:2.7mg

・ほうれん草:2.0

鉄を効率良く吸収するのは

①たんぱく質

フェリチン(所蔵鉄)は鉄結合タンパク質であるため

②ビタミンCとクエン酸

非ヘム鉄を還元して吸収しやすくしてくれる

鉄の吸収を阻害するもの

①カフェイン:コーヒー、ココア

②タンニン:紅茶、緑茶

鉄の摂取過剰による影響

・胃腸障害

吐き気、嘔吐、下痢、腸の損傷

・血色素症

皮膚の色素沈着、脳や臓器にダメージ、肝硬変

冷え性改善で妊娠力アップ!

あくまでも妊活に重要な1つの要素です。

鉄を上手に摂取し、冷え性改善で妊娠力アップして不妊の体質改善しましょう!

 

妊娠着床しやすい体作りにはビタンミンE

2018年03月22日

札幌,妊活,着床

妊娠着床しやすい体作りとは?

不妊治療の通院で黄体ホルモンの薬や注射をしている方も多いかと思います。

hcgにより黄体ホルモンの分泌が促進され、高温期を維持して内膜を厚くして、着床を促し、妊娠を維持継続してくれる働きを持ちます。

別名『妊娠ホルモン

黄体ホルモンの原料が『ビタミンE』なのです。

ビタミンEの妊活・不妊の体質改善への効果は?

上記のように、黄体ホルモンの原料となりますが、

さらに、年齢と共に老化する『卵子の質』を良くしてくれる働きもあります。

抗酸化作用』が強く、微細に細胞や遺伝子を攻撃する活性酸素、フリージカルによる細胞の老化を抗酸化作用で抑制してくれます!

これが『卵子の質』を良くすることに繋がる1つです。

ビタミンEを多く含む食べ物とは?

ビタミンEの1日摂取量の目安【成人男性6.5mg】【成人女性6.0mg

・ひまわり油:大さじ1杯にビタミンE4.6mg

・アーモンド:10粒14gにビタミンE4.1mg

・うなぎ:100gにビタミンE5mg

・西洋かぼちゃ:煮物1人分130gにビタミンE6.1mg

・赤ピーマン:150gにビタミンE5.8mg

アボカド:1個にビタミンE3.4mg

不妊の体質改善,ビタミンE

一番オススメの食べ物はアボカド!

アボカドにはビタミンE以外にも、亜鉛、鉄、葉酸、抗酸化作用のあるオイレン酸、ビタミンBなど、妊活にも必要な様々な栄養素が含まれているため食べ物の中では一番のオススメです。

ビタミンEが子宮卵巣へ行き届く体作りが大事

食べ物でいくら栄養を摂取しても、そこに行き届く血流循環が弱いともったいなくなってしまいます。

子宮卵巣・骨盤内の循環を良くするには、お腹の柔らかさと骨盤の安定が必要になってきます。

便秘・下りやすい・骨盤がゆがんでいるなど心当たりありませんか?

骨格から体質改善することも必要になりますが、当サロンでは不妊整体の施術をしていますが、LINE@で全国各地からの無料ご相談・パーソナル妊活トレーナーも受付ております。

「自宅セルフケアで体質改善したい」

「食事の改善をしたいが、何が正解かわからない」

「妊活状況の相談をしたい」

などなど、遠慮なくご相談下さいませ!

札幌駅前整体サロンアトレ

札幌駅前整体サロンアトレ

札幌,不妊整体,妊活

札幌,不妊整体,妊活